2009年06月06日

お勧め本

ちなみに、「学生さん向けにお勧めの本を教えてください」というアンケートがあり、、、
そんなすごいお勧め本ないのですが、1年前くらいに心打たれた本と基本をそれぞれ1冊ずつ。

世界がもし100人の村だったら


日本に生まれて、普通に学校に行って勉強できて、水と電気と水道があって・・・という当たり前の生活が少数派であるということをリアルに考えさせられました。シンプルなメッセージ+定量的な数が印象に残ります。
もうすこし具体的な続編もあります。でも1冊目のほうがやっぱり強烈。


世界がもし100人の村だったら 2 100人の村の現状報告


基本と言えば、、、これ? 学生さん向けだし。(ふるい?) 

フラット化する世界(上)      フラット化する世界(下)
        

本当は英語で読もうと思っていたのでした・・・。


The World Is Flat: A Brief History Of The Twenty-First Century
posted by mina at 22:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | books & music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。